クレジットカードの審査が甘くて楽勝だった体験談

海外旅行へ行くとき、ついつい外貨両替を日本で済ませてしまいがちですよね。行ってからやるのが面倒ということがありますが、私がおすすめなのは、少しの額だけ日本で両替しておいて、あとは海外へ行ってからレートの良いところを探すか、面倒であればクレジットカードで払ってしまう方法です。
私が大学生でバックパック旅行をしていたとき、インドへ行ったのですが、両替レートはインドの街でするのが一番よかったです。いちばんレートがよくなかったのは空港、そしてホテルもあまりよくなかったです。やはり便利さとお得さって反比例の関係にあるんだな・・と思ったできごとでした。ただ、ハワイへ行ったときは現地で両替しようとしたらあまりレートがよくなかった場合もありました。ケースバイケースですが、日本ではいくらかだけ両替しておいて、あとは現地でレートのよい場所を探すのがベストではないでしょうか。ちなみに、外貨両替をして、そのあと使わなかったからといって再両替をするほどもったいないことはありません。ぜひ、両替のしすぎには注意してくださいね。

海外旅行と外貨両替に思うこと

外貨両替といいますと、海外旅行をされる際などに空港や銀行などでお使いになられるかと思います。そこでFX(外国為替証拠金取引)の投資をしていてこの両替について思うことについて考えてみました。FXをしていると為替の変動にも敏感になるのですが、その手数料が気になったりします。
個人的には、円高で安い時に外国の通貨で預金をしておいて、それを海外旅行の際に利用するという方法がいいのではないかと思っています。これであれば、インターナショナルで使うことのできるキャッシュカードで、現地のATMからお金を引き出すことができるようになります。
1回ごとに現金を銀行や両替所に持って行って交換する必要もないので、安全ですし、割高な手数料を支払う必要もありません。金利も日本よりも高いので、外貨預金そのもので運用ということもできると思います。海外によくお出かけになられる方はぜひこのような方法を用いてみてはいかがでしょうか。

外貨両替手数料は取引通貨毎

そういえば、去年の夏に大学の友達がロンドンに来たときのこと。彼女は日本円と、結構まとまった額の米ドルをお財布に入れてイギリスに上陸して、現地で英ポンドに替える予定だった。で、街の両替所について、列にならんで、やっと両替してもらったんだけど、手数料が2回分請求されてる。これに対して彼女は激怒。
日本円→英ポンド、米ドル→英ポンド。並んだのは1回でも、両替屋のおにーさんは2つの外貨両替取引をしてくれてたわけ。手数料は通貨ごとの取引だから2つの通貨を持って並べばそりゃ2回分の請求がくるでしょうよ。と丁寧に説明してあげたのにどうやら納得いかないみたい。むしろこっちにとっちゃ、何が納得いかないのかが納得できない。(そもそも最初からコミッションフリーの両替所に行けば良かったんだけど)
まあ私もあんまり人のこと笑えないけど。つい最近まで、両替レートと為替レートがちがうってこと知らなかったので…。両替所に並ぶたびに「新聞とやけに数字ちがうなぷって思ってた。それにしても、日本って外貨両替できるところ少ない気がするなぜ。銀行でも結構限られてるよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です