法人カードでのローンは総量規制の対象外

計画通りに行わないと問題が発生するということがあります。会社の経営などはよい例ということになるでしょう。会社というのは、限られた資産を配分して行う必要があります。計画をしなければ、とたんに資産がなくなってしまって、支払いなどをすることができなくなるということです。そうなれば給料の支払いもすることができなくなるということになってしまいます。計画を立てながら行えば、徐々に資産を増加することも可能になるということです。

それと同様のこととして、借金というものがあります。計画を立てないで行うと、返済をすることができないということになります。返済ができなければ、借金のための借金ということで、どんどん借金が増えてしまうことになります。最初の段階で返せないのに、増えたらもっと返せなくなるのです。簡単に利用することもできる場合がありますから、安易になってしまいがちということです。最初にきちんと行う必要があるということでしょう。

借金に関しては、総量規制というものがあるということです。年収などによって決められていて、一定金額以上を利用する事ができないようになっているということです。これによって計画的に利用している人の中には困った人もいるということです。ビジネス利用という人もいたと思います。法人カードを利用することで、解決できることがあります。こちらのローンについては、総量規制の対象外ということですから、ビジネスで使えることになります。

法人カードからのローンで急な支払いに対応する

客先との信頼関係というのは常に大事にしておきたいところです。このときにおいては、将来のことも考える必要があります。もし客先が困っているというのであれば、助けることを考えます。そうすることによって、将来的に、逆に助けてもらえることがあるかもしれません。代金の支払いにおいて、行うことができないという場合があったとします。そのときには、ある程度余裕があるというのであれば多少待つことも必要になるということです。

一方で、取引先との関係で、支払いを行うということがあります。通常は、一定の取り決めに応じて行うことになります。締め日と支払日を決めているというものです。10日締めや20日締めなどにしておいて、支払いはその月の末日、翌月の末日などにしておくのです。このルールにあわせておけばよいのですが、取引先の事情によって支払いを早めてほしいといわれることがあります。相手にも事情があるということですから、聞けることなら聞きたいところです。

このとき、資金がないということであれば支払うことができません。ただし、用意をすることはできます。法人カードを利用すれば、ローンを利用する事ができるということもあります。そうすることで、支払えるのです。相手の事情にもよりますが、こういったときに話を聞いておくと、納入を急ぐというときに対応をしても羅他利するということです。ルールどおりに行うのが原則ですが、自社だけで運営をしているのではないということを考えます。

入金の遅れに対応するため法人カードからローンを利用

企業というのは、無駄に資産を持たないようにしなければいけません。その代表的なものとしてお金があります。お金がたくさんあるのは非常に良いことです。支払いがショートする可能性が少なくなるということです。でも、出資者からすると、そのお金でもっと積極的な経営をして欲しいと思うことがあります。仕入れを多くしたり、設備投資を行うなどです。そうすることで利益が増えれば配当が増えることになります。効率的に運営していくことが望まれます。

ということで、お金に関しても、あまり持ちすぎないということがあります。この場合において、客先からの入金と、取引先への支払いを計画的に行うということがあります。ですから、入金を期待して、支払いの準備にしておくということがあるのです。そうすれば、余分なお金を持つ必要がなくなることになります。常に計画通りにいっていればよいですが、ずれることもあります。よいずれというときもあれば、困ったずれが生じることもあります。

良いずれというのは、入金が予定よりも多いという場合です。また支払いが少ないというのも余裕を持つことができるでしょう。一方困ったずれは入金が予定通り行われないということです。この場合は支払いができなくなる可能性が出てきます。そうならないように法人カードでローンを利用してお金を準備しておきます。そのあと、遅れたぶんの入金があったときに返済をすることができるということになります。効率的なお金の使い方に役立ちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です