クレジットカード1つでできること

クレジットカードは、主にショッピングなどで使う決済手段の1つですが、決済の他に、キャッシングやカードローンなど2つの融資サービスがあり、カードを使ってカード会社から借金をする事が出来ます。
どちらもお金を借りるという意味では同じですが、融資金額や返済期限また金利などが若干違います。
キャッシングの方は、小口融資で少額からの貸付、そして翌月に一括返済というのが一般的です。
金利は高めです。
逆にカードローンの方は、小口から数百万円の大口融資までがあり、融資額が大きいことから、リボ払いなど分割で返済していく長期返済が大半です。
キャッシングと比べて金利は低めです。
使い分けとしては、キャッシングの方は、給料前でお金がピンチになった時、冠婚葬祭などで急なお金の出費が重なったなど、急を要するお金の必要性があった時に利用するという感じです。
カードローンの方は、カードでローンを組める事からカードローンと呼ばれています。
こちらは、車のローンを組む時や教育ローンなど、大きな買い物をした時に使うのが一般的です。
どちらも用途に合わせてうまく使い分けて利用すればとても便利です。
ただ、お金を借りる事には変わりないので、計画性を持って借りる事が何よりも大切です。

ースの一つのリボ払い

クレジットカードはとても便利な存在です。
たった一枚のカードを利用する事で、とても大きな買い物をする事が可能になります。
でも、その支払い方法をしっかりと理解していないと、後で後悔する事になるかもしれません。
きちんとしたクレジットカードの使い手になる為にも、特にローンのコースはきちんと把握しておきましょう。
ローンと言えば回数払いですが、今回お勧めしたいのが、リボ払いという支払いコースです。
このリボ払いというのは、どれだけ商品を購入しても、毎月の支払額が一定で済むという支払い方法です。
これがとても便利で、購入金額がどれだけ大きくても、金利がどれだけ付いても、毎月の負担が増える訳では無いので楽チンです。
ただし、何年か以内には支払いが完了するように計算をする必要があります。
その規定の年数もカード会社によって変わってくるので、リボ払いを利用する前に、しっかりと調べておきましょう。
それさえ掴んでおけば、あとは楽なローン生活が待っています。
私達が理想の生活を望む以上、ローンから離れられる事はありません。
なので、こういったリボ払いなどの便利な支払い方法を有効活用出来る様になる事で、人生そのものを充実させる事ができるでしょう。

ブラックリストとは

世間でよく言われるところのブラックリスト。
よく破産した人がブラックリストに載るなどと言われています。
これは実際のところ、ブラックリストというものは存在しません。
実在するのは、「個人信用情報」です。
個人信用情報とは、金融取引の履歴情報が登録されています。
金融取引とはクレジットカードやローンなどの取引のことで、返済が遅れた場合や滞納した場合に、個人信用情報に登録されます。
これが「事故情報」というものです。
ブラックリストに載るということは、実は個人信用情報に事故情報が登録されることを指しています。
そしてこの事故情報が登録されている状態で、住宅ローンを申し込んでも、審査に通ることはありません。
ですが、個人信用情報に登録された履歴情報は、一定期間で自動的に抹消されるようになっています。
一般的な事故情報は、発生から5年後に抹消されると言われています。
ですが自己破産などの債務整理を行った場合は、10年後に抹消されることになっています。
このように、住宅ローンを利用する方は、返済に対してわずかな延滞があった場合でも問題になる可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です